必見!美容室での雑談に困った時の3つの方法

 

 

美容師さんと会話を楽しんでいますか?しかし意外と「美容師さんとの会話が苦手」「逆に気を遣う」という人が多かったりします。「無視するのも失礼だし、何か無難な会話はないだろうか?」とお悩みでしたら、これからご紹介する方法がおススメです。

 

質問されたことを逆質問する

聞かれたことを逆質問するので、話題を考える必要はありません。
話題はすでに美容師さんが提供しているので、うまく逆質問するだけです。これをきっかけに話題が膨らめばよりラッキーですね。

 

正直に話下手だと伝える

正攻法ですが、伝えられれば最も有効です。
しかし人見知りだとこの一言がなかなか言えない場合があります。直接言いづらい場合は電話やネットなどの予約時に伝えたり、最近は会話の有無を選べるサービスがある美容室もあります。

 

毎回同じ美容師さんを指名する

親しくなれば気を遣わなくてすみます。
時間がかかる方法ですが、親しくなってお互い気心が知れれば、会話をするしないに関わらず気になりません。もし会話が苦手ならば「こういう人なんだな」と美容師さんもわかってくれるでしょう。

 

立川の美容室なら失敗しないストレートが人気のHAIR FIELD

 

あくまでも最低限のコミュニケーションをする方法をご紹介しました。「一言も話したくない」ならば「寝たふり」「雑誌を読みふける」などの方法があります。実は美容師さんも気を遣うこの「会話問題」。これらの方法で上手く対応してみましょう。